02



ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、4月28日、2015年12月期の第1四半期(1~3月)連結業績を発表、売上高446億1800円(前期比10.6%減)、営業利益236億8000万円(同17.7%減)、経常利益237億7500万円(同15.4%減)、四半期純利益151億2800万円(同11.3%減)だった。

スマートフォン向けパズルRPG『パズル&ドラゴンズ』(以下『パズドラ』)は、2015年2月をもって3周年を迎えたが、現在も新規顧客獲得を続けており、国内3,500万ダウンロード(2015年3月28日達成)に達し、安定した収益を確保し続けた。同社では、人気の定着化に向け、定期的なゲームアプリのアップデートに加え、スペシャルダンジョンの実施など、PCオンラインゲームで培った様々なノウハウを基にした施策を提供し続けることで、MAU(Monthly Active User)数の高位安定につなげているという。

また、『パズドラ』以外にも、スマートフォン向けパネルRPG『ディバインゲート』が好調に推移し、2015年3月20日からは全国テレビCMを開始するなど、『パズドラ』に続く2本目の収益の柱として成長してきた。

そのほか、ニンテンドー3DS向け「PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION(パズルアンドドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション)」の開発が完了し、4月29日に同社が日本国内の発売する予定。また海外でも任天堂<7974>が5月1日に韓国での発売を予定し、これを皮切りに欧州で5月8日、北米で5月22日と順次発売される予定となっている。

■QonQでは増収増益での着地に
四半期ごとの業績推移を見てみると、第1四半期期間は四半期推移(QonQ)で売上高が3.2%増、営業利益が13.6%増、経常利益が13.1%増、四半期純利益が22.8%増での着地となった。

続きはこちら


最近は売り上げランキングも1位に返り咲いていますし、

去年程とはいかないまでもこのまま好調でいて欲しいですね。


bannerにほんブログ村 ゲームブログ パズドラへ←よかったら励ましのクリックをお願いします

オリジナルモンスター「鏡界の守護者フィレム」が付いてくる!

パズル&ドラゴンズ モンスター大図鑑

KADOKAWA/エンターブレイン 
売り上げランキング: 1
Amazon.co.jpで詳細を見る