ガンホー

    01

    1:
    ゲームサービス終了のお知らせ
    http://econline.gungho.jp/news/important/20ujqj000002dpmd.html
    ECO運営チームです。
    2005年のサービス開始より、10年以上にわたり、多くの皆様とともに長い歴史を歩んでまいりました
    エミル・クロニクル・オンラインでございますが、このたび、2017年8月31日(木)をもちまして、
    ゲームサービスを終了させていただくこととなりました。
    【【悲報】老舗MMORPG「エミルクロニクルオンライン」突然のサービス終了で本スレ発狂炎上中】の続きを読む

    02

    1:
    ガンホー・オンラインン・エンターテイメントは、10月28日、第3四半期累計
    (16年1~9月期)の連結を発表し、売上高874億円(前年同期比26.7%減)、
    営業利益365億円(同37.9%減)、経常利益361億円(同38.9%減)、最終利益231億円
    (同37.8%減)だった。

    同社では、スマートフォン向けゲームの売上高が減少したことから前年同期比で
    減収となったことを受けて、営業利益、経常利益、最終利益も減益となった。
    同社では、新作ゲームの開発とともに、既存ゲームのMonthly Active User
    (月に1回以上ゲームにログインしている利用者)の維持・拡大に注力してきた、
    としている。

    新作ゲームでは、7月28日にニンテンドー3DS 向け「パズドラクロス」を発売。
    2016年中にプレイステーション4向けオンラインアクションゲーム「LET IT DIE」と、
    スマートフォン向けRPG「SEVENTH REBIRTH(セブンス・リバース)」の
    配信を行う予定だ。

    また、パートナーパブリッシング事業では、ゲームロフト社から日本国内における
    パブリッシング権を獲得したスマートフォン向けゲーム「ディズニー マジックキングダムズ」の
    事前登録を9月5日より開始し、10月3日にAndroid版、10月11日にiOS版の
    正式サービスを開始した。

    【追記】
    第3四半期(7~9月期)をみると、売上高259億円(前四半期比12.7%減)、
    営業利益98億円(同21.1%減)、経常利益97億円(同21.0%減)、最終利益63億円
    (同16.4%減)だった。四半期売上高と営業利益の推移は以下のとおり。

    2016年12月通期の見通しは非開示。コンテンツ関連の新規性の高い事業を展開しており、
    短期的な事業環境の変化が激しいことなどから、業績の見通しは適正かつ合理的な
    数値の算出が困難であるため、と説明している。

    http://gamebiz.jp/?p=171987
    【ガンホー、第3四半期は減収減益、営業益にギガグラを受ける】の続きを読む

    このページのトップヘ