スマホゲー

    gachagacha_ataranai

    1:
    http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20160305003/ 

    スマートフォン向けゲームに欠かせない存在となっている「ガチャ」。お目当てのキャラやアイテムを引き当てたときの 
    嬉しさは格別だし,結構な額のリアルマネーを使ったあげく,ハズレばかりだったときの悔しさもまたかなりのものだ。 

     すべては運にかかっているので,プレイヤーが頼りにできるデータといえば,公開されている出現確率ぐらいだろう。 
    以前はその確率が公開されていないゲームが多かったが,最近は業界として確率表示を進める動きが強まっており, 
    人気タイトルの「グランブルーファンタジー」でも,本日(2016年3月10日)から装備品個別の出現確率が表記されるようになる。 

     だが,確率が明らかになったところで,それを正しく理解できなければ意味がない。よくある間違いが 
    ,「出現確率1%なら,100回ガチャを引けばほぼ確実に出るだろう」という思い込みだ。実際のところ, 
    ガチャを100回引いて出現確率1%のものが当たる確率は約63%でしかない。表現を変えれば,100人のプレイヤーがそれぞれ 
    100回引くと,63人は当たるが,残り37人は100回全部ハズレ,という感じだ。 

     一見するととても不思議に思えるかもしれないが,この“カラクリ”を理解していないと,確率を多めに見積もって 
    予算をオーバーしてしまったり,それほど運が悪いわけでもないのに「なぜこれだけ引いても出ない!」 
    とストレスを溜めることになってしまう。本稿では,できるだけ分かりやすく確率の話を解説するので,じっくり読み進めてほしい。 

    まずは現実のカプセルトイとスマホガチャの違いを知る 
    (中略) 

    1%を100回引いても100%にならないことを検証してみる 
     さて,ここまでの説明で、スマホゲームで「出現確率1%のガチャを100回まわせば,ほぼ確実に出る」と考えるのは間違い, 
    となんとなく分かっても,本当の確率である「約63%」については「本当にそれしかないの?」と思っている人は多いだろう。 
     もちろん本稿で確率の計算方法は説明するが,その前に,計算式なしでも“実感”できる身近な例を紹介しておきたい。 

     最初はコイントスだ。空中にコインを投げ,裏と表のどちらが出るのかを当てるものなので,確率は1/2(50%)。 
    ではこのコイントスを2回行ない,表が1回以上出る確率はどれくらいだろうか。ここまで読んだうえで「確率50%を2回だから100%だ!」 
    と思う人はそういないだろうが,実際の数字を確認するために,コインを2回投げたときの全パターンを書き出してみよう。 
    青く塗られているのが表が出るパターン,グレーは出ないパターンだ。 
     このように,全4パターンのうち,表が出ないのは裏・裏のときのみ。表が1回以上出る確率は3/4,つまり75%となる。 

     次はもう少し数を増やし,ジャンケンで考えてみよう。自分が3回勝負でパーを出し続け,1回以上勝てる相手のパターンを出してみる。 
    グー,チョキ,パーのうち,パーが勝てるのはグーだけなので,勝てる確率1/3の勝負を3回やるということだ。 
    出現確率1%のガチャを100回引いても,4割近くの人は全部はずれる。“本当の確率”を読み解いてみよう 
     全27パターンのうち,1回以上勝つのは19パターン。確率でいえば約70%となる。 

     しつこいようだが,もうひとつの例を挙げよう。今度はABCDの選択肢がある4択問題4問で,すべての解答欄にAを入れた場合, 
    0点を逃れる確率だ。1/4を4回ということになる。 
    出現確率1%のガチャを100回引いても,4割近くの人は全部はずれる。“本当の確率”を読み解いてみよう 

     数えるのが大変になってきたが,全256パターン中,正解があるのは175パターン。確率でいえば,約68%となる。 
     さて,気づいた人もいるかもしれないが,この例はすべて「1/nをn回引いた場合」のもので,nが増えるに従い, 
    求められる確率が75%→約70%→約68%」と下がってきている。「1/100ガチャを100回引いた場合」の全パターンを 
    書き出すことはさすがにしないが,約63%になることは分かってもらえるのではないだろうか
    【【ガチャ】排出率1%狙いでガチャを100回引いても4割近くの人は全部外れる】の続きを読む

    gachagacha_hazure_man

    1:
    アメリカの上院議員であるジョシュ・ホーリー氏は先日、
    『The Protecting Children from Abusive Games Act(搾取的ゲームから子供を守る法案)』を発表しました。

    これは深刻化しながらも一向に解決しないソシャゲなどのガチャ問題を改善する目的で考えられた法案で、
    ざっくり「ガチャ禁止令」といっても過言ではない法案です。

    この法案では前提として子供がプレイできるゲームでのガチャを禁止しており、罰則こそまだ決められて
    いないものの「(前略)故意に子供から搾取するようなゲームの開発者は、法的な結果に直面する必要がある」
    と何らかのペナルティがある事を匂わせています。

    昨年アメリカでは『Star Wars Battlefront II』のガチャが大炎上し、課金サービスを全面的に停止する事態となり、
    連邦取引委員会がこれらの実態を調査する事となりましたが、未だ目立った発表などもなく、動きの緩慢さに
    痺れを切らしたのかも知れません。

    実際に世界中でまだ金銭感覚がしっかりしていない未成年の子供が、ソシャゲなどで親のクレジットカードを
    利用し数万~数百万円も使い込んだというのはもはや見慣れたニュースレベルになっており、それだけ当たり前に
    発生する問題となっています。

    一応ペアレンタルコントロールといった制限システムなどは存在しているのですが、全ての親がこういった機能を
    知っていたり使いこなせるワケもなく、問題を解決するなら元から、というのがこの法案の根幹にあるような気がします。

    いわゆる大人の「廃課金厨」がゲームにガンガン課金するのは特段問題のない行為ですが、未成年の子供がこうした
    環境で同様に課金できるのは危険と言わざるを得なく、ソシャゲ業界は稼ぎ方そのものを変更しなくてはならない
    時期に来ているのかも知れませんね。

    法案が成立するか否かは今の所はっきりしていませんが、もしアメリカでこの法案が効果を発揮した場合、
    日本のソシャゲにもかなりの影響が出ることは言うまでもないでしょう。

    https://www.appps.jp/328976/

    【アメリカでガチャ禁止法(正式名称:搾取的ゲームから子供を守る法)が成立の見込み?日本はどうなる?】の続きを読む

    このページのトップヘ