ソシャゲ

    gachagacha_ataranai

    1:
    Apple、開発者に対し「ガチャの排出率表記」を義務化
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/21/news140.html

    Appleが開発者向けに公開している
    「App Store審査ガイドライン(英語版)」に、
    「ガチャの排出率表記」を義務化する条項が追加されていたことが
    分かりました。日本語版のガイドラインにはまだ反映されていませんが、
    これが厳格に適用されれば、今後ガチャの排出率を表記していないアプリは
    App Store上で提供できないことになります

    当該の文言があるのは、ガイドラインの
    「3.1.1 In-App Purchase(App内課金)」の中。
    「ルートボックス(>>1�やその他、ランダム型の有料アイテム提供方式を
    持つアプリは、事前にそのアイテムの種類別排出率を利用者に
    開示しなければならない(>>2�」との記載が新たに加わっています。
    少なくとも18日時点ではこの文章は存在しておらず、
    21日朝までに追加されたものとみられています。

    日本のゲームで多く採用されている「ガチャ」については、
    名前こそ挙がっていないものの「その他、ランダム型の
    有料アイテム提供方式」の中に含まれる可能性が高いとみられています。
    また「種類別(each type of)排出率」とありますが、
    どこまで詳細に記載する必要があるのか(アイテムごとの排出率を
    全て表記しなければいけないのか、
    「★5全体で3%」といった表記でもよいのか)は不明です。

    ガチャやルートボックスによる課金を巡っては、
    日本国内でも以前から「ガチャによる“爆タヒ”
    (高額のお金をつぎ込んでも目当てのアイテムが出ないこと)事例」が
    社会問題化していたほか、海外でも11月ごろから問題視する動きが
    強まっており、法規制や自主規制などの必要性が議論されていました。
    【【朗報】Apple、開発者に対し「ガチャの排出率表記」を義務化!パズドラヤバくね?】の続きを読む

    game_friends_sueoki

    1:
    『ウイニングイレブン 2018』株式会社コナミデジタルエンタテインメント PS4 / PS3
    『ストリートファイターV アーケードエディション』株式会社カプコン PS4 / STEAM
    『鉄拳7』株式会社バンダイナムコエンターテインメント PS4 / Xbox One / STEAM
    『パズル&ドラゴンズ』 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 iOS / Android OS / Kindle Fire
    『モンスターストライク』 株式会社ミクシィ iOS / Android OS


    ほげええええええええ
    【日本eスポーツ団体「プロライセンスのゲームを発表します!」ゲーマー「まあPUBGだろうな」 】の続きを読む

    game_wabiishi

    1:
    パズドラ→曲芸士前後ほどの急激なものでは無いが今のインフレが続いている。
    いわゆる消費者庁コラボや11月クエスト、コラボガチャでの搾取などから引退者が増えている。
    新規は割と始めやすい。石配布数は変わらず。セルランは2桁の時も多い。

    モンスト→基本的に完全な壊れは年末にしか出さないためインフレはかなり緩やか 。
    石配布数はかなり多いがガチャの渋さと強いキャラゲーの特色で無課金は意外とキツい。
    最近はコラボ連発や4周年記念獣神化がコラボのみとコラボ関連で批判が多い。しかしセルランは1桁安定。

    白猫→御三家最悪のインフレにして最大の下落。ダメージ8~9桁とか普通に出る。
    石配布数が若干減り、ガチャも渋くなったために無課金は厳しい。さらにタウンによって古参と新規にはまさに天と地の差があり、新規も入りにくい。
    セルランは3桁の時もあり、外伝ゲームの白猫テニスより下のことが多い。
    【ソシャゲ御三家の現在の状況をご覧ください… 】の続きを読む

    game_wabiishi

    1:
    https://www.famitsu.com/news/201712/08147606.html

    2017年 モバイルゲーム課金売上ランキング TOP10(国内)
    1位 モンスターストライク:1041億円
    2位Fate/Grand Order:896億円
    3位パズル&ドラゴンズ:473億円
    4位LINE:ディズニー ツムツム:303億円
    5位ドラゴンボールZ ドッカンバトル:278億円
    6位アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ:226億円
    7位グランブルーファンタジー:209億円
    8位実況パワフルプロ野球:172億円
    9位白猫プロジェクト:149億円
    10位ポケモンGO:143億円

    出典:『ファミ通モバイルゲーム白書2018』
    (集計期間:2017年1月1日~10月3日)
    【国内ソシャゲ課金売上ランキングがTOP10が発表!パズドラは何位?】の続きを読む

    このページのトップヘ